HOME

更新履歴

原田歯科医院

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)・歯科訪問診療

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)・歯科訪問診療

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)
歯科訪問診療

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

嚥下内視鏡検査(VE)のご案内 2023年12月13日


①うまく嚥下ができず、食事中によくむせてしまう
②食事に30分以上時間がかかる
③誤嚥性肺炎の既往があり、経口摂取が不安
④現在経管栄養だが、経口摂取が可能か検査したい

など、経口摂取に不安がある方の摂食嚥下機能検査です。

鼻から細い内視鏡を挿入した状態で、食事をしていただき、食形態ごとに嚥下反射の惹起遅延、咽頭残留、喉頭侵入、誤嚥の状態などを検査、評価します。
痛みもほどんどなく、身体に負担の少ない検査で、訪問診療でも、ベッド上でも問題なく行えます。
評価後、必要なリハビリテーションを提案いたします。

内視鏡検査の前に、以下の摂食嚥下機能のスクリーニングを行います。
①RSST(反復唾液嚥下テスト)
②MWST(改定水飲みテスト)
③FT(食物テスト)
④CT(咳テスト)

該当される方は、ぜひご相談ください。
関連記事
嚥下内視鏡検査(VE)について

 

①うまく嚥下ができず、食事中によくむせてしまう ②食事に30分以上時間がかかる ③誤嚥性肺炎の既往があり、経口摂取が不安 ④現在経管栄養だが、経口摂取が可能か検査したい など、経口摂取に不安がある方の摂食嚥下機能検査です。 鼻から細い内視鏡を挿入した状態で、食事をしていただき、食形態ごとに嚥下反射の惹起遅延、咽頭残留、喉頭侵入、誤嚥の状態などを検査、評価します。 痛みもほどんどなく /* アイキャッチ /* アイキャッチ /* アイキャッチ

Copyright © Harada Dental Clinic All Rights Reserved.