HOME

HOME

原田歯科医院

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)・歯科訪問診療

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)・歯科訪問診療

スペシャルニーズ歯科(障がい者歯科)
歯科訪問診療

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

八王子にある歯医者さん「原田歯科医院」

こんにちは。

私たちは、八王子の川口町にある原田歯科です。
原田歯科のホームページご訪問ありがとうございます。

当院は、地域における障がいのある方の歯科におけるバリアフリーとノーマライゼーションを目指しています。

原田歯科は、障害のある方がより安全、安心に歯科治療を受けていただくための設備を少しずつですが、途切れなく増強してきました。

設備だけでは、スペシャルニーズ歯科の看板は出せません。
障がい者歯科の現場では、相当な歯科治療、麻酔の技量、マンパワーが求められます。

歯科治療は、年間延べ1万人以上患者様の歯科診療をおよそ30年以上にわたり行っている院長の原田

麻酔管理は、副院長で大学で教鞭をとり、数多くの全身麻酔、鎮静の実績のある歯科麻酔学会専門医の高木

これからを担う障害者歯科または歯科麻酔を専攻とする松本、南淵、上杉、安藤ら若手歯科医師たち


重症化予防を担う歯科衛生士の小谷田、三吉、志村、井上、上條、櫛引、内田


医療連携を担う受付の玉川、中村、萩原、相馬、彩花

そして、バックグラウンドで原田歯科を支えてくれている特別な技術を持つ人たちによって運営されています。


原田歯科では、


外来の健常者の患者様の歯科診療はもちろん、


1)歯科治療にバリアのある以下の患者様の歯科治療

①重度の知的障害
②自閉性障害(自閉症)
③脳性まひ
④ダウン症などの症候群
⑤精神障害
⑥身体障害
⑦全身的な配慮、管理が必要な有病者
⑧重度の異常絞扼反射
⑨重度の歯科治療恐怖症
⑩その他、障がいにより歯科治療を受けるのが困難な方

2)障がいのために意識下で歯科治療を受けることが困難な患者様の鎮静や全身麻酔などの麻酔管理下での歯科治療

3)重度の認知症、知的障害などの患者様に対する訪問歯科診療


4)経口摂取困難もしくは胃瘻など経管栄養で誤嚥性肺炎のリスクが高い患者様の口腔ケア


5)嚥下内視鏡検査(VE)による摂食嚥下機能評価、摂食嚥下リハビリテーション指導


6)外来で可能な口腔外科手術、歯科インプラント


7)院内CADCAMによる経済的負担の少ない保険診療におけるメタルフリー歯冠修復

などいろいろな歯科診療を行っています。

そのために、

常に過酷な状況下での歯科治療のトレーニング、必要な設備の増強に努めています。

30年間で延べ30万人以上の患者様の歯科治療をしてきても改善すべき点はないか常に考えています。

私たちは、「ゆりかごから墓場まで安心してかかれる歯科医院」として、患者様と7つのお約束をし、また独自の診療サービスを行っています。

障がいのある方に安心、安全に歯科医療を提供できる地域の歯科医院のプロトタイプを模索し、より良い形を求めて試行錯誤を繰り返しています。

「原田歯科」が多少なりとも皆様のお役に立てればと思います。

ぜひ、このホームページをご覧になってください。

診療時間表

休診日は、オレンジ色です

クレジットカード・電子マネー対応

クレジットカード(Visa, Master, JCB, AMEX, DINERS)及び電子マネー(交通系ICカード、iD、QUICpay)での決済が可能です。

保険治療、自費治療、物品購入等すべての支払いにご利用いただけます。

原田歯科医院7つのお約束

  • 1
    正確な診断、適切診療を心がけています。
  • 2
    痛みの少ない治療、親身な対応を心がけています。
  • 3
    患者さんが、常に、ご自身が行われている治療の目的、内容が理解できるように、説明いたします。
  • 4
    治療する事によるメリットだけではなく、デメリットもお話しします。
  • 5
    長期的な予後を考えた治療を重視していきます。
  • 6
    自由診療は、適正な価格で行い、無理に進めません。
  • 7
    治療の予後が、芳しくないときでも、誠意ある対応をしていきます。

更新履歴

  • ■ 「治療紹介」 「口腔ケア」記事追加しました。 

    「誤嚥性肺炎は胃瘻造設で防げるか?」

    誤嚥性肺炎にまつわる誤解についての話になります。

    摂食機能と実際の食形態のミスマッチの原因を探ります。

    2020年11月23日更新
  • ■ セミセルフレジ導入について

    新しい生活様式が求められる現在、紙幣、硬貨による感染予防対策としてセミセルフレジを導入いたしました。

    ご利用が不明な方は受付がお手伝いをいたしますので、お声がけください。

    当施設では、クレジットカードはもちろん、Suicaなどの電子マネーですべての支払いができるようにしてあります。

    感染予防のため、ぜひキャッシュレス化にご理解、ご協力をお願いいたします。


    2020年09月20日更新
  • ■ 静脈内鎮静法の費用について

    静脈内鎮静法の費用のお問い合わせが多くなっています。

    原田歯科では、「著しく歯科治療が困難な方」に対して静脈内鎮静法を保険診療で行っています。

    静脈内鎮静法自体の費用は、自己負担割合が3割負担の方で4000円程度です。
    処置、手術は50/100加算となります。

    当施設での対象となる方は、
    ①知的障害、自閉症、脳性麻痺の方
    ②精神障害をお持ちの方
    ③重度の歯科治療恐怖症、異常絞扼反射の方

    を想定しています。
    ご理解の程よろしくお願いいたします。

    2020年09月06日更新
  • ■ 「治療紹介」 「口腔ケア」 記事追加しました。

    「口腔ケアと新型コロナウイルス」

    新型コロナウイルスは、宿主細胞表面のレセプターACE2に吸着することで感染を起こします。
    口腔内にはACE2は多く分布しており、口腔衛生状態がCOVID-19の重症化に関係している可能性が指摘されています。

    2020年09月02日更新
  • ■ 9月より前歯のCADCAM冠が保険適応になりました。

    今まで、前歯の単冠は金属を使用した硬質レジン前装冠、強度が弱い硬質レジンジャケット冠のみが保険適応でしたが、2020年9月より金属を使用せず、機械的強度も高いCADCAM冠が保険適応になりました。

    CADCAM冠とは、型どりをして作製した模型をスキャンして、PC上でかぶせものを設計、その3次元データをミリングマシンに転送し、既製のセラミックまたは硬質のレジンブロックを削りだすことにより作成されるかぶせもののことです。
    保険診療では、硬質レジンブロックが適応になります。
    今後は、ほとんどの修復物がCADCAMのものに置き換わると思われます。

    当施設は、CADCAM冠の施設基準を取得し、設備も保有していますが、対応するブロックの注文が殺到しており全国的に品薄の状態になっています。
    ブロックが入荷次第、CADCAM冠の供給を開始いたしますので、しばらくお待ちください。

    2020年09月02日更新

Copyright © Harada Dental Clinic All Rights Reserved.