八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 親子診療 - 母子分離は必要か?

母子分離は必要か?

 

歯科治療は、以前は「母子分離」といって子どもさんが一人で、診療室に入り治療を受け、付き添いの方は外で待機していることが普通でした。母子分離の考えは、子どもさんの甘えの対象を遮断することで、治療を術者サイドのペースですすめていくことには有利なやり方でした。ただ気になることは、治療が子どもさんと、歯科との間で完結してしまいやすいことでした。子どもさんが、虫歯などの歯科疾患になるのは、基本的に生活習慣が原因になっていることがほとんどです。子どもさんにその生活習慣を修正する能力はありませんから、保護者の方に何が問題かを理解して頂かないと、「治療はできても、すぐ虫歯になってしまう」子供さんを減らすことができません。

原田歯科では、「見せる治療」を大切に考えています。うまくいっていることだけでなく、「困ったこと」「うまくいかないこと」もお見せします。虫歯の処置中の状態も、暴れくるう子どもさんの抑制治療などもなるべく見ていただきたいと思います。「虫歯の治療はこんなに深い位置まで、器具を入れるんだ。」「抑制治療は、こうやって行うんだ。」こういった情報が、私たちと保護者の方で共有できないと、意外と、虫歯の治療を軽く考えてしまうことが多く、「予防に対してのモチベーションが」高くなりません。このようなことから、原田歯科ではほとんど母子分離は行いません。