八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 CT診断 - CTがないとわからない!

CTがないとわからない!

今まで、レントゲンというと歯科では照射機から出たX線を、フィルムで受けることにより得られた画像しかありませんでした。最近ではフィルムは姿を消し、CCDセンサーやIP(イメージングプレート)などによりデジタル化が進んでいます。当院でも、レントゲンはすべてデジタル化されフィルムはありません。しかし、それらは結局は受信部がデジタル化しているだけで、基本的な画像の性質は以前と変わらないため、(つまり、ある1方向から眺めた像しか得えられない)診断の可能性を広げるものではありません。

当院に限らず、最近の歯科の開業医ではインプラント治療やその他外科的な処置が多いため、必然的に歯や歯周組織だけではなく、顎骨内をいじることが日常化しています。そのため、、口腔領域の解剖的な形態がはっきりと分からないと不測の出血や、神経麻痺などのトラブルがおこる可能性があります。保険で認められているレントゲンの撮影方法だけでは、3次元的な形態が把握できないため、場当たり的な手術になってしまうことが、とてもストレスでした。

そのような状態で、インプラント治療や外科をおこなうことに限界を感じていましたので、歯科用のCTを導入しました。はじめは、過剰な投資になってしまうかと思いましたが、それはまったくの杞憂に過ぎませんでした。歯科用CTは、スライス幅が0.1mm単位のであるため、歯周組織の診断にも使えますし、インプラント治療においては0.1mm単位でいま器具の先端がどこにあるかはっきり分かります。現在では、CT画像を見ない日は1日もありません。手術のストレスも減り、今はなくてはならない診断器具です。