八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 セレック - セレックによるワンデートリートメント

セレックによるワンデートリートメント

院内CAD/CAMであるセレックを使用すると低価格で、歯を削った当日にセラミックの歯を装着することができます。
原田歯科では、おそらく通法のセラミック修復の治療費の1/2程度の額でセラミック修復ができるようになりました。
しかし、セレックの優位性は、金銭的、時間的な問題だけではなく、CAD/CAM技術によりいままで難しかったことが簡単にできるようになります。
また、この分野において歯科医師や歯科技工士の役割を大きく変えてしまうかもしれません。

セラミックの歯がの作製には、従来は、

①歯を削り(歯冠形成)
②型どりをし(印象採得)
③印象に石膏を流し込み、模型を作り
④歯科技工所のセラミック専門の技工士さんの手作業でセラミックの歯が仕上げられ
⑤歯科医院で患者様に装着することになります。

審美性の必要なセラミックの歯の作成には、高度な歯科技術、技工操作が要求されます。たかだか小さい歯一本ですがその作製には大変な手間と時間がかかっています。
そのため、セラミックの歯がベストな症例でもその高額な治療費のために金属(メタル)の歯にせざるをえなかったり、硬質レジンなどの安価な代替材料で作られたもので対応していました。

セレックの場合、歯を削った後は、型どりはせず、小さな口腔カメラで削った歯を動画撮影します。動画情報は、即時にコンピュータ上に三次元的なバーチャル立体画像を再構成し、自動的に作成するセラミックの歯の形態を提案してきます。かみ合わせなども、正確に再現できます。
削る前と全く同じ形態にしておきたい場合などは術前の歯の撮影をしておけば、OKです。

コンピュータが提案してきた歯の形態は、マウス操作一つで丸みをつけたり、膨らませたり、へこませたり様々な編集をすることができます。
その後は、患者様の歯にあわせた削りだすブロックを決め、ミリングマシンにセット、コンピュータからデータを転送5-10分程度で削りだしは完了です。
その後、艶出しは手作業で行い、患者様の口腔内に装着します。

セレックのセラミックはヒトの歯とほぼ硬さを同じにしてあります。そのために、周囲の歯を同じようにすり減ることができ、経年的な口腔内の変化に柔軟に対応していくことができます。すり減ることができるがゆえに、金属やレジン(プラステッィク)の材料と違い、歯との継ぎ目部分のギャップ形成によるトラブルの発生の頻度が非常に少なくなります。
また、金属資源をはじめ、作製にかかわる人手や医療廃棄物の削減に大きく寄与します。

セレックは既成のブロックを使うために、削りだした時点ではわずかな色調のグラディエーションしかついていません。より細かい色調の変化を加えなければならないケースなどは、ステイニングという処理が必要になります。

セレックのような技術は、今後もどんどん普及していくことと思います。フルサイズの補綴物や義歯などもすぐに可能になるとおもいます。
しかしながら、セレックは所詮は機械です。そういった機械を使いこなし、患者様にどううまく提供できるか、私たちのインターフェイスとしての役割が今までにまして大きくなるのではないかと思います。

また、治療は元の状態にリセットするものです。予防の概念がないと治療の技術が進んでも全体の流れとしては今までと大して変わらないかもしれません。繰り返しの治療は、結局は口腔内の状況をとても悪くします。
日ごろからまめに歯磨きをしたり、定期的に歯石とりをかねて検診をしたり、食習慣の見直しや禁煙、そういったことがないとせっかく良い治療をしても、すぐ悪くなってしまう方がいてとてももったいないことだと思います。