八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 治療後の注意 入れ歯を入れた後 - 義歯の調整のお願い

義歯の調整のお願い

新しい入れ歯は、通常、調整をして、使えるようになるまで、2週間程度かかります。装着して、すぐに使えることもありますが、全てのケースでそうではありません。
正しい調整の仕方を、説明いたしますので、よくお読みください。

装着当日

まずはめていることに慣れてください。
入れ歯を洗うとき、寝るとき以外は、よほど痛くない限り、基本的にはずさないでください。頻繁にはずしていると、なかなかなれません。
食事は、はじめは、やわらかめのものを取ってください。入れ歯は、はめているだけでは痛くありませんが、ものを食べると、動くため、靴ずれのように、歯ぐきに傷をつけます。
それが、いわゆる「あたり」で、これはけずらないとなおりません。
また、入れ歯の大きさ、歯並び、かみ合わせなども具合が悪いところが、だんだんわかってきます。

調整1日目

装着後、なるべく早めに診せてください。
今までに、出てきた「あたり」や具合の悪いところをもれなく教えてください。
特に「あたり」は、前日に少し痛いからといって、入れ歯をはずしていると、削るべき場所がわかりません。
最低、痛いところが、歯科医にわかる程度(赤くなる程度)は、入れ歯を使うようにしてください。
キズがないところは削りません。
入れ歯を入れた日から、調整までの期間が、長いようでしたら、調整にこられる前日までは、はずしていても結構ですが、前日からは必ずはめておいてください。
あとは、これを繰り返すことで、少しずつかめるようになってきます。入れ歯は、調整が、一番患者さんにとって大変ですが、なるべく上記のとおりに調整を進めていきましょう。