HOME

HOME

原田歯科医院

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

八王子にある歯医者さん「原田歯科医院」

こんにちは。私たちは、八王子の川口町にある原田歯科医院です。
原田歯科のホームページご訪問ありがとうございます。

当院はバリアフリーな歯科診療を目指しています。

原田歯科は見かけはどこにでもある普通の歯科医院です。
ただ、原田歯科が少し違うのは、

年間延べ1万人以上患者様の歯科診療をおよそ30年にわたり行ってきた院長の原田、副院長で大学で教鞭をとり、何万例もの全身麻酔、鎮静の実績のある歯科麻酔専門医の高木(旧姓大上)、様々な施設での口腔ケアを行ってきた訪問医の高橋,歯科治療と麻酔をマルチにこなせる研究者でもある松本ら個性的な歯科医師たち、
そしてなんといってもスキルの高い優秀な歯科衛生士らのチームワークにより

外来の健常者の患者様の歯科診療はもちろん、
開業歯科医では受け入れが難しい患者様(心身障害、有病者、精神疾患、パニック障害、歯科治療恐怖症、異常絞扼反射など)の歯科診療
重度の認知症などの患者様に対する訪問歯科診療
経口摂取困難もしくは経管栄養で誤嚥性肺炎のリスクが高い患者様の口腔ケア
摂食嚥下療法、嚥下内視鏡検査(VE)
外来で可能な口腔外科手術、歯科インプラント
審美歯科治療
最新のCADCAMシステムによる歯冠修復

などいろいろな歯科診療を行っていることです。

それと、患者様のために歯科でできることは何でもやろうという気概です。

そのために、
常に過酷な状況下での歯科治療のトレーニング、必要な設備の増強に努めています。
30年間で延べ30万人以上の患者様の歯科治療をしてきてもなお貪欲に改善すべき点はないか常に考えています。

私たちは、「ゆりかごから墓場まで安心してかかれる歯科医院」として、患者様と7つのお約束をし、また独自の診療サービスを行っています。
「原田歯科医院」が多少なりとも皆様のお役に立てればと思います。
ぜひ、このホームページをご覧になってください。

診療時間表

休診日は、オレンジ色です

原田歯科医院7つのお約束

  • 1
    正確な診断、適切診療を心がけています。
  • 2
    痛みの少ない治療、親身な対応を心がけています。
  • 3
    患者さんが、常に、ご自身が行われている治療の目的、内容が理解できるように、説明いたします。
  • 4
    治療する事によるメリットだけではなく、デメリットもお話しします。
  • 5
    長期的な予後を考えた治療を重視していきます。
  • 6
    自由診療は、適正な価格で行い、無理に進めません。
  • 7
    治療の予後が、芳しくないときでも、誠意ある対応をしていきます。

更新履歴

  • ■ 「治療紹介」 「むし歯治療」「入歯治療」 記事追加しました。

    「接着性ブリッジについてのFQA」

    最近お問い合わせの多い接着性ブリッジについての質問とその返答をまとめてみました。
    接着性ブリッジは、歯をあまり削らない予後の良いブリッジです。

    2018年11月28日更新
  • ■ 日本障害者歯科学会学術大会の発表について

    先日行われた日本障害者歯科学会で原田歯科は
    「開業歯科医院における自動麻酔記録ソフトウエア搭載鎮静タワーの臨床的有用性」
    で発表を行いました。

    学会でも自動麻酔記録、タワーの構成、LAN構築に関するお問い合わせがありました。
    導入に必要な詳細な情報を取得されたい場合は、お問い合わせメールからお知らせください。

    ポスター発表の内容は、歯科麻酔、障害者歯科の治療紹介に掲載してあります。

    2018年11月19日更新
  • ■ 非常勤歯科衛生士募集しています。

    現在、原田歯科では

    非常勤歯科衛生士を募集しています。
    勤務時間 08:45-12:00 13:45-(17:00~19:00)
    週2日以上勤務できる方を希望しています。

    障がいのある方の歯科治療の勉強をしたいという方は大歓迎です。
    当院は、日本障害者歯科学会 臨床研修施設ですので、
    障害者歯科学会認定歯科衛生士の資格を取ることもできます。

    2018年11月19日更新
  • ■ 松本勝洋先生が日本歯科麻酔学会最優秀発表賞を受賞しました。

    当院勤務の松本勝洋先生(明海大学病態診断治療学講座歯科麻酔学分野)が、第46回日本歯科麻酔学会学術大会において最優秀発表賞(デンツプライシロナ賞)を受賞しました。
    おめでとうございます。
    発表演題名および内容は以下の通りです。

    行動観察的アプローチによるラットの舌に惹起された疼痛の評価(松本:指導教員 内田茂則)

    NGFを舌に投与し痛みを惹起させ、卵巣摘出ラットとシャムラットで疼痛行動の比較を行ったところ卵巣摘出ラットで痛みの増強が認められました。更年期の女性に舌痛症を含むBurning mouth syndromeの発症が起こることが多く、Burning mouth syndromeは神経障害性疼痛であることを示唆しました。

    2018年10月21日更新
  • ■ 「治療紹介」 「障害者診療」 記事追加しました。

    「静脈内鎮静法下の歯科治療をご希望の方へ」

    最近、静脈内鎮静法による歯科治療のお問い合わせが大変多くなっております。
    よくある質問をまとめてみましたので、事前にご一読ください。

    2018年09月17日更新

Copyright © Harada Dental Clinic All Rights Reserved.