八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム トピックス

当院では、以下の施設基準に適合し、東京社会保険事務局に届出、受理されています。

基本診療料に係るもの

電子化加算
歯科外来診療環境体制加算
明細発行等体制加算

特掲診療料に係るもの

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所
在宅療養支援歯科診療所
歯周組織再生誘導手術
歯科治療総合医療管理料
在宅歯科治療総合医療管理料
歯科口腔リハビリテーション料2
CAD/CAM冠
クラウン、ブリッジ維持管理料
酸素の購入価格

再生医療等安全確保法に係るもの

再生医療等安全確保法に係る特定細胞加工物製造の届出、再生医療等提供計画の提出および関連書類の作製

今まで、歯科は、「痛くなったら行く」という方が多いのではないでしょうか?
そのようなかかり方では、おそらく歯を失うことを防ぐことはできません。

歯の治療はきちんとしているのに、どんどん歯がなくなっていく。
削っては、つめて、腫れては抜いての、連続。
歯がなくなるまで、延々と続く治療。
入れ歯になっても痛くてかめない。

歯科にかかる時間、費用、ストレスも馬鹿になりません。

虫歯や歯周病は、適切なホームケアと定期的な検診で、進行を予防できる疾患です。
がんをはじめとする粘膜疾患、顎の骨の中の病気、顎関節の異常なども早期に発見できます。
定期的に歯科を検診を受けている人たちは、そうでない人に比べ残存している歯の数が有意に多いことがわかっています。

定期的な検診は、早期発見、早期治療のためにするのではありません。 適切な時期に、適切な治療をするために行います。

1)虫歯は進行するものと、そうでないものがあります。進行しないものを治療することは、慎重であるべきです。 治療をすることで、虫歯はなくなりますが、その歯は、より虫歯になりやすくなります。
2)歯周病は、現在では中程度のものまでは、治療により進行を止められます。ただし、重度になるまで、ほとんど自覚症状がありません。
3)虫歯や歯周病は、食習慣の改善、正しい口腔ケアの習得で、進行のスピードをとても遅くできます。
4)口腔内のがん、のう胞などの病気は、かなり進行しても痛みを伴いません。
5)定期的にご自分の口腔内の問題点を把握できます。

当院では、患者様それぞれに適切な検診の内容、間隔を考えています。
治療が終わった方、最近歯科にかかっていないと思われる方は、ぜひ定期的な歯科検診をご利用ください。

原田歯科では、患者様により正確な診断、治療を提供できるよう、歯科用CTを導入しています。

顎骨内の病変、インプラント治療、外科、歯周病治療などにおいて、今まで2次元的な画像診断では不可能であった、3次元画像によるレベルの高い診断、治療が当院でリアルタイムで可能です。さまざまな歯科治療に対して強力なアイテムになります。

CT撮影、診断の費用はプライスリストをご覧ください。

原田歯科では、インプラント治療は患者様に提供できる先進医療サービスのひとつ、という位置づけです。原田歯科のコンセプトは、「ゆりかごから、墓場まで」ですので、あらゆる年齢層、さまざまな障害、背景をお持ちの患者様の歯科的な問題は、ひとつのテクニックで解決できることはないと思っています。

ただし、患者様にインプラント治療のような先進的な医療サービスを提供するためには、学会などに所属し、充分な研修、情報交換を行い、治療に必要な設備を整えた上で、それなりの症例をコンスタントにこなしていく必要があると思います。

原田歯科では、

①研修に関しては、歯科インプラントの学会に所属し、研修会、高名な臨床家の手術見学会などには、積極的に参加、情報交換も頻繁に行っています。

②設備に関しては、歯科用CTはもちろん、シュミレーションソフト、さまざまな手術器具、PRP,CGFなどといった治癒促進のための濃縮血小板血漿作成のための設備など必要と思えるものは整えています。

③症例数に関しましては、1次オペ(インプラント埋入手術)は、週に1、2症例はこなすようにしています。幸い、歯科インプラントは当院においてはそれなりに需要があるようなので、派手な広告を出さなくとも、そのレベルは何とか達成できています。

④手術に関しては、インプラント埋入に必要な骨造成などは日常的に行っていますし、PRP,CGFなどはすべての症例で行っています。術中には、必ずCT撮影を行い、患者様に供覧しながら、オペを行っています。
実際、術中のCT画像などはオペ中に見ていただくことで、手術がきちんと行われていることがわかり、安心して頂けるようです。

⑤インプラントの埋入に関しては、CTを駆使して事前に手術用のガイドを作成していて、より正確で、不必要な骨造成をしないですむようにしています。精度の高い、ガイド(サージカルステントといいます。)を使うことで、より侵襲の少ない手術を短時間に行えるようにしています。

⑥治療費用に関しては、私たちが、いくらテクニックを磨き、設備を整えても費用が高すぎて、患者様の治療の選択肢にならないことは避けたいと思っています。原田歯科のプライスリストを見ていただければ分かると思いますが、自由診療の質が保てる範囲で、なるべく費用設定を低くしています。

インプラント治療は適材適所を求めた結果、選択されたものであれば、劇的に患者様に喜ばれる治療だと思いますが、全顎的な埋入に、大がかりな骨造成をともなうと年単位の治療期間がかかりますし、その期間中、咀嚼に大きな不便を伴うこともあります。そのあたりが、精神的にクリアできる患者様でないと、難しいと思うこともよくあります。

集客のための過剰な広告がありふれている昨今、患者様に、なるべく多く誠実に情報を提供して、患者様ご自身が納得の上で治療を受けて頂きたいと思います。

日本の歯科においては、歯科医療費削減の方針のもと、ここ20年間の間、新しい治療法、技術、材質、考え方などが、保険医療に取り入れられることがほとんどありませんでした。
たとえて言うなら、携帯電話が当たり前のこの時代に、ダイアル式の黒電話を使わせられているようなものです。
先進国で、当たり前に行われている治療が、保険診療で行えません。
医科にくらべて、自由診療が多いのはそのような理由からです。 儲けようとしているわけではありません。

歯科の診療報酬は、まず削減ありきで、積算根拠も提示されないため、私たち歯科医でも、わけのわからないへんてこりんなものになってしまいました。
その結果として、保険診療の場合、治療単価は、先進国の平均の10分の1から4分の1程度にに抑えることができました。
しかし、こういった採算割れするような治療単価の設定が、安価ではあるが、ラフな治療を蔓延させてきました。 歯科医療の質を著しく低くしています。歯科医師、患者様双方にとって不幸なことです。

もうひとつの問題は、行政が歯科の疾病構造をあまり理解していないことです。
歯科の疾患を減らすのに一番効果的なことは、予防的なアプローチと、それを支える専門的なサポートです。
そこで、フォローできないものを治療するという考え方です。
そして、治療が終わったら、予防的なアプローチと、それを支える専門的なサポートに戻っていきます。

治療をすることしか評価しない現行の保険システムの行く末には、何があるかよく考えれば分かると思います。

日本の保険制度は、保険証1枚で、気軽に医療にアクセスできる点では、とても優れている制度です。ただ、制度設計は、そろそろ見直してほしいと思います。
おそらく歯科は壊れかけています。