八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 予防歯科 - 歯医者に通っても歯はよくならない。

歯医者に通っても歯はよくならない。

表題のようなことを書くと、「歯医者が何を言っているんだ。」などと非難されそうですが歯科医なら患者様に言わないだけで誰もがそう思っていることです。

歯が痛くなったり、歯肉が腫れたりすれば、歯医者で治療をします。歯科医の治療の質の問題は別として、治療が終われば歯科で教わったとおりに歯みがきをする。(または、してるつもり。)また何かあれば、歯科にかかる。おそらく、1,2年毎に歯科にかかっている。

このような患者様のケースがほとんどだと思いますし、特に問題があるとは誰も思いません。このような患者様は、すこしずつ、しかし着実に歯がなくなっていきます。また、短期間に一気に治療を終わらせようとしている患者様も大半の方が数年後には再治療になります。

このようなことがくりかえし起こるのは、「治療をすると歯が治る」と思っているからです。再生治療を除いて(インプラント治療は一部微妙)、歯科が治療と称しておこなっていることは、悪いところを取り除いて、人工のものに置き換えているだけです。治療を繰り返しおこなえば、その分だけもともとあったからだの一部がなくなっていきます。しかし、より少ない部分で、以前と同じ機能を持たせようとしているわけで、当然そのようなことをすれば、残った部分がより壊れやすくなります。生体との継ぎ目が多くなるので、以前と同じように、歯磨きをしていれば以前よりも早く虫歯になってしまいます。

歯科に関しては、治療をすることで、痛みがなくなったり、腫れなくなったり、虫歯や歯周病などの進行をゆっくりにはできますが基本的な病態がよくなることはありません。もちろん治療を受けなければ、さらに速いスピードで口腔内の崩壊が起こります。治療を受けることで変わる事は、崩壊のスピードが遅くなるだけです。

定期健診をしても、レントゲンも歯周検査もせず、患者様に「具合の悪いところはありませんか?」などと聞いて、ざっと口の中を診査して歯石を取って終わりにしているようではほぼ意味がありません。歯科医の自分でさえも自分の口腔内の悪いところが分からないのに、患者様が分かるわけがない。

一番大切なのは、次の治療を受けないですむようにすることです。

そういったことから、私たち歯科医ができること(やらないといけなこと)は、

①治療を受けないですむように、正しいはみがきの方法や食事の仕方を教えて、実践してもらう。

②定期的に検診をして、しっかりと検査をして前回と比べて悪くなっているところを指摘して、治療するか経過を見るかを決める。

③治療するときは、(特に神経の治療と、歯周病治療は)しっかり治療する。

この3点だけは、はずしてはいけないと歯科医を20年以上やった今こそ強く思います。

歯科の疾患は、風邪などと違って自然に治ることが多くありません。治療の終わりが、次の治療の始まりのようなものです。