八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 審美歯科 - 保険診療の虫歯の治療において、白い材質(硬質レジン)でどこまで治療ができるか?

保険診療の虫歯の治療において、白い材質(硬質レジン)でどこまで治療ができるか?

この質問は、日ごろから、患者様に良く聞かれる質問です。
単独の歯の治療の場合、白い歯をかぶせることができるのは、通常小臼歯(すべて歯がある方の場合、中心から数えて4、5番目の、小さな奥歯)までで、硬質レジンという硬いプラスティック素材であれば、治療可能です。ただし、ブリッジ(固定式の入れ歯)や、歯と歯をつなげたりする治療の場合は、原則犬歯(中心から数えて3番目の、先端のとがった歯)までしか、白い歯を使うことができません。歯をつなげる場合は、金属の裏打ちが必要なので、硬質レジンを使用した金属の裏打ちのあるかぶせもの(硬質レジン前装冠、略称HR)が、犬歯までしか認められていないためです。ただし、単独の歯の治療の場合、小臼歯に適応のあるものは硬質レジンジャケット冠(HJK)という、金属の裏打ちのないものであり、HJKは、強度、適合性、清掃性に関してはHRに比べるとかなり劣ります。

また、白い歯をつめる治療に関しては、やはり硬質レジンのもので、すべての歯に適応がありますが、特に、小臼歯より後ろの歯の場合、つめる歯ののサイズが大きくなると、欠けたり、取れたりなどのトラブルが多く、耐久性に難があるため、そのようなものには不向きとされます。

材質的に、硬質レジンは、セラミックに比べ、

利点
①保険の適応がある。
②自由診療においても、より安価である。
③口腔内で修理が可能な場合がある。

欠点
①単調な色調になりやすいため、審美性に劣る。
②強度が低いため、欠けたりすることがある。
③汚れがつきやすい。
④やわらかいため、小さなキズができやすく、経年的に変色する。

などとされています。

HJK(保険適応)

オールセラミック(自由診療)

メタルボンド(自由診療)