八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 歯科麻酔 - 静脈内鎮静法の費用について

静脈内鎮静法の費用について

当院には、歯科恐怖症、嘔吐反射の強い方から多くのメールをいただきます。その中で、ほとんどの方から質問されるのが費用にかかわるものです。今回は、静脈内鎮静法の費用についてご説明します。

保険診療で行う場合
保険診療で行う場合、まず「歯科治療恐怖症」または「異常絞扼(こうやく)反射」の病名が必要になります。この病名があれば、歯科治療が保険でできる治療であれば、静脈内鎮静法も保険で行うことができます。
具体的には、マスクまたは気管挿管による閉鎖循環式の全身麻酔に移行できる体制を整えている当院の場合、静脈麻酔(長時間)600点、、経皮的動脈血酸素飽和度測定30点、酸素吸入にかかる費用、ドルミカム、プロポフォール、アネキセート(ドルミカムの拮抗剤)などの薬剤代がかかります。酸素吸入と薬剤代は、薬価の高いアネキセートを使用しなければ、せいぜい300-400点前後だと思いますから総額で1000-1100点程度となります。3割負担の方であれば、3000-4000円程度となります。

自費診療で行う場合
保険は混合診療を特別なケース以外認めていませんので、歯科治療を自費で行う場合静脈内鎮静法も自費になります。
当然、「歯科治療恐怖症」または「異常絞扼反射」の患者様も自費治療を希望されることがあるので、そのような場合は当院では費用として20,000円(薬剤費込、税抜)とさせていただいています。自費での静脈内鎮静法の場合は、患者様に負担して頂く費用の問題もあり、なるべく1回の治療のボリュームを多くするように配慮しています。

保険と自費の静脈内鎮静法では違いがあるかという質問もよくありますが、当院では特に違いはありません。患者様の歯科治療が、保険で行われるか、自費で行われるかによって決まってしまうだけです。