八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 口臭治療 - 口臭が強い場合どのように治療するか?

口臭が強い場合どのように治療するか?

口臭は、そのほとんどが、舌や歯周ポケットに存在する歯周病の原因菌などの嫌気性菌の作用で、剥離した上皮細胞や免疫細胞の死骸が分解されることにより発生するVSC(揮発性硫黄化合物)由来の悪臭によるものです。

研究によると、口臭の6割は、舌からのものだとされています。

頻度的には、多くないですが、耳鼻科領域の鼻腔、副鼻腔,扁桃由来の臭い、胃や食道からのもの、肺からの呼気によるものなどがあります。

実際、口臭が強ければ、細菌検査、歯周検査をし、歯周炎であることを確認します。

通常は、歯周内科治療と舌のブラッシングなどにより、VSC原因菌である嫌気性菌の数を減らしていくと、かなり早い段階で、口臭を消すことができます。

またそれと平行して、抗菌性の高い歯みがきペースト、洗口剤などを使うとより口臭のレベルを落とすことができます。

あとは、舌清掃を含めた口腔ケアーを衛生士が指導いたしますので、それが日ごろからできていれば、口臭はさほど強くなることはありません。

また、唾液の量が少ない方や口呼吸の方、服用している薬の影響で唾液の量が少ない方などは、お口のなかが乾燥しやすくなることで、口臭が強くなる傾向があります。

臭いは、すぐに慣れてしまうため、自分自身で気がついていらっしゃる方は多くありません。ほとんどの方は、配偶者の方、お孫さんからなどの親しい人に指摘され来院されます

逆に、自分から気にしていらっしゃる方は、口臭測定をしてみるとそれほど口臭が強くない方が多い印象があります。そのような場合、精神科的な問題が潜在的にあることも少なくないため、経過を見させていただき、その方にあった対処をしていきます。

強い口臭は、体の異常を知らせるサインであることが多いので、恥ずかしいなどとは思わず、気軽にご相談ください.。