八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 入れ歯治療 - 軟らかい入れ歯、ベルテックス

軟らかい入れ歯、ベルテックス

義歯(入れ歯)は、レジンと言うアクリル系のプラスティック樹脂で作られていますが、口の中の粘膜に比べるとかなり硬い材質です。

義歯は、いくら精密に作っても、ものを食べたりすれば、動くものなので、接している粘膜をこすります。そのこすれ方の程度が強いとキズができ、痛みが出てきます。
それが、いわゆる「あたり」です。

義歯は、動かないように、、型を取り、噛みあわせを与えることが基本なのですが、すべてのケースがそううまくいくとは限りません。

同じ人の入れ歯でも、上顎の入れ歯はあたりが出ることは余りありません。あたりが、出やすいのは下顎の入れ歯です。

その理由は、粘膜の厚みの差によるものが大きいと思います。
たとえれば、上顎はふともも、下顎はすねのようなものです

同じ鉄の板を上に置いたら、まちがいなくすねのほうが痛くなります。
同じ外形を持つ義歯を作った場合、軟らかい材質のもののほうが当たりは出にくくなります。

ベルテックスは、義歯の、粘膜に接する部分を軟らかい材質のもので裏打ちをすることで、あたりを出にくくし、かめる限界を高くします。
硬い床に座るときに、薄い座ぶとんをひくようなものです。

ベルテックスは、アクリル系のレジンとの接着性がよく、今まで使われていたシリコンと比べ、剥離などのトラブルが少なくなっています。

ただし、義歯洗浄剤を使用すると、劣化が早まったり、表面にキズをつけないように、取り扱いが必要です。

経年的に弾性が失われていくので、ある程度弾性が失われた場合は、再度新しく裏打ちをしなくてはなりません。

直接、お口の中で裏打ちはできないため、一時的に使える代えの義歯を持っていたほうがよいです。

ベルテックスは、グミのような軟らかさはありません。あまり軟らかすぎると、かみごごちが悪くなるため、少し硬めになっています。体温程度になると、やわらかみが出てきます。