八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 インプラント - インプラントを抜きたい

インプラントを抜きたい

フィクスチャーリムーバーです。

歯科インプラントは開業医ではごくごく当たり前の治療になってきていますが、埋入には外科的な侵襲もありますし、 なにしろ自由診療ですから保険診療に比べ費用のかかる治療であることには変わりません。

また人それぞれで、歯牙の欠損はインプラントでないとしっかりかめないということもなく、むしろ義歯のほうがよいという患者様もいます。当然、その逆もあります。
原田歯科でも歯科インプラントを希望して来院される患者様もいますし、インプラントセンターなるところでインプラントを無理に勧められていやになり、歯科インプラント以外の方法で治療を進めてほしいと来院される患者様もいます。またごく少数ですが、埋入されたインプラントを取り除いてほしいという患者様もいらっしゃいます。

インプラントを取り除いてほしいという患者様を問診してみると、歯科インプラントを入れてから、顎が重たい気がするとか、不眠や頭痛に悩まされているという訴えがあります。インプラントの除去というと埋入されたインプラント体が破折したり、インプラント周囲炎、審美的に受け入れられないというような症例が多いような話は聞いていましたが、最近は心身症と思われるような理由によるものが多くなってきました。

以前は、インプラントの除去というと外科的な侵襲が埋入よりも大きかったのですが、以前より「フィクスチャーリムーバー」というインプラント除去専用のキットがあります。これはインプラントの埋入時のトルク(30から40N)のおよそ10倍から20倍のトルク(400から800N)を逆回転でインプラント体にかけることでかなり簡単に除去ができます。また、既存骨をほぼ無傷で撤去できるためにその場で再埋入も可能な場合があります。
また、インプラント撤去後、インプラントホールに骨補填材を入れることで、顎の骨の目減りを少なくし、良いコンディションの顎堤で義歯に戻ることもできます。