八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 インプラント - インプラント治療の失敗

インプラント治療の失敗

現在インプラント治療のテクニックは、日進月歩ですすんでおり、それとともにインプラント体(フィクスチャー、人工歯根)自体もより骨と生物学的に強固に結合するようになって来ています。
インプラント治療の失敗といっても、術後抜けてきてしまったなどというものから、一応歯は、入ったものの、審美性、装着感などで、患者様がはじめ期待していたものとのずれが大きく、満足していただけなかったものまでいろいろあります。

また、最近問題になっていることは、エイジング(老化)に対しての対応です。

1)術後インプラントが抜けてしまった
インプラントを埋入できるに足る骨の量があれば、術後数年で抜けてくることは、ほとんどないと思います。ただし、歯周病のコントロールができていないとロスト(インプラント体が抜けてしまうこと)してしまうケースがあります。
そういうことがないように、インプラント治療を始める前には、なるべく歯周炎を治療しておき、定期的に検診を受けることは大切です。また、喫煙は歯周炎にとっても大きなリスクになりますが、インプラント治療においても同様です。

2)造骨時の失敗
インプラント埋入時に、人工的に骨様組織を作る場合がありますが、このときが感染のリスクが大きく、結果的にインプラント体のロストにつながることがあります。

3)審美的に満足できない
歯が抜けた部位は、単に歯がないだけではなく、その周囲の骨や歯肉などの軟組織なども目減りしています。
インプラントをしても、骨や軟組織が大きく失われていると、歯の周囲の組織のボリュームがなさ過ぎることがあり、「よく見ると、変。」な感じになっていることがよくあります。
虫歯で歯を抜いた場合は、歯の周囲の骨や歯肉のボリュームはさほど減らないのですが、歯周炎が進行している歯の場合、周囲の組織の目減りが大きいことが多く、造骨だけではそのボリュームを回復しきれないため、歯肉などの軟組織の移植を行ったりします。
しかし、それでも無理な場合や、あえてを周囲組織のボリュームをいじらない場合などは、いればのような上部構造(インプラント体の上に載せるパーツ)を作り、それをインプラント体に貼り付けるような形になります。
いわば、固定式の入れ歯です。
患者様の中には、インプラント治療によって若い頃のようなお口の状態にもどれるとおもわれている方もいますので、その話をするとがっかりされる方もいます。

4)老化による変化に対応できない
個人差が大きいようですが、年齢とともに、歯やインプラントを支えている骨の量が減ってくることは避けられません。
頻度的によく見られるのは、インプラント周囲の骨の厚みがないケースで、時間とともに、インプラントのねじが見えてしまうことです。これを治すのは、再度、新しいインプラントを植えなおすか、もしくは、露出した部位を削りこんで、ピンクポーセレン(歯肉を同じような色をした、ピンク色のセラミック)で覆ってしまうなどというやり方もあります。

訪問診療などで、よく見るのは、入れ歯の維持にインプラントを使用していたケースで、ご本人が認知症などで、義歯が使えなくなってしまい、インプラントだけが残り、周囲の組織に傷をつけてしまうことです。
そのような場合は、飛び出ている部分を、削り取ってしまいます。インプラントを撤去することは、顎骨に対する侵襲が大きく、ご高齢の方には受け入れにくい選択です。
その他)
インプラント治療では、入れ歯などと違い手軽に歯を増やしたりはできません。手術を何回もしなくてはならないこともありますし、治療期間も長期にわたり、費用も10万から100万円単位でかかります。
メンテナンスができないために、次々と既存の歯が抜けて、インプラントを追加するようになったり、逆にロストしてしまい、やはり以前の入れ歯に戻られてしまう方もいます。

適応症を選び、メンテナンスをきちんとできれば、インプラント治療は失敗もほとんどなく、患者様の満足度も高い治療法です。

「何が何でも、インプラントで治す」とか、「インプラントやったら、メンテナンスにもいかず、やりっぱなし」などが、トラブルを起こす主な原因です。

わたしたちも、、無理にインプラント治療を勧めませんし、インプラント治療を選んでいただいた方に対しては、気軽に相談やメンテナンスに来ていただける環境を作るようにしています。