八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 インプラント - インプラント治療にCT撮影は必要か?

インプラント治療にCT撮影は必要か?

インプラント治療では、あごの骨に人工の歯根を植え込みますので、あごの骨の幅や厚み、性状があらかじめ分かっていると、治療計画と、実際のオペのイメージのずれが少ないため、私たちとしては、より安心して治療に臨めます。当院では、オペ希望の方には、すべてCT撮影をお願いしています。

当院では、歯科用のCTを導入していますので、CT撮影、診断が即時に行えます。

このことにより、術前はもちろん、術中、術後などCT撮影することができ、安全で、正確な埋入が可能になります。

従来の2次元的な画像診断では、正確に立体的な解剖学的な形態を把握できません。
そういった不十分な診断で、当院を信頼して治療を受けに来て頂いてる患者様にインプラントのオペをしたくありません。

歯科用CT次のような特長があります。

1)撮影範囲を必要な範囲のみに設定できるため放射線の被爆量が少なくできます。
2)医科のものに比べボクセルサイズが小さいため、0.1mm単位の診断ができます
3)歯科の領域である硬組織の描写が精細に行えます。

インプラント治療ご希望の患者様には、カウンセリング(CT撮影を含む)の費用は頂いていません。
また、治療にかかる費用が、患者様に分かりやすいように治療の費用にCT撮影の費用は包括しています。

歯科用CT

術前はもちろん、術中にも撮影して安心、安全な手術を行います。