八王子にある歯医者さん 原田歯科医院

ホーム 各種治療紹介 インプラント - ソケットリフトとは?

ソケットリフトとは?

ソケットリフトとは、上顎の奥歯にインプラントを埋入したいときに、顎の骨の上には、副鼻腔である上顎洞が存在しているため、骨の厚みが、5ミリから、8ミリ程度しか確保できない場合があります。

通常は、最低10ミリのインプラントを埋入したいので、5ミリ程度まで骨の厚みが足らないときに行われるテクニックです。

術式は、上顎洞ぎりぎりまで、ドリルを行い、残っている上顎洞よりの骨壁をオステオトームという器具で、たたいて骨折をさせます。最近では、たたくのではなく、ネジ式のものがありますので、ねじ込んで、ゆっくりと骨折させていきます。

骨折させたあと、その部位に、骨補填材を圧入し、その圧を利用して、上顎洞粘膜を押し上げ、インプラントが埋入できるスペースを作ります。

時に、上顎洞粘膜に穴があいてしまうことがありますが、そのときは、骨補填材をいれずに、インプラントを埋入します。

トラブルとしては、上顎洞粘膜に穴を開けてしまい、それに気づかず吸収の遅い骨補填材を上顎洞に押し込んでしまうことにより、上顎洞炎を起こしてしまうことがあります。

上顎洞に絡む処置をする場合は、CT撮影は必ず行うべきです。
行わないとオペ自体が、予知性が低く非常に危険です。通常のレントゲン撮影では、上顎洞の形態、粘膜の厚み、上顎洞内の病変が良く分かりません。

特に、上顎洞に病変がある場合、ソケットリフトや、サイナスリフトなどの上顎洞粘膜をいじる手術は、基本的に禁忌です。