HOME

治療紹介

原田歯科医院

ゆりかごから墓場まで、安心してかかれる歯科医療を提供します

ホームブリーチング法(自宅でできるマウスピースと使った歯の漂白法)について

当院では、軽度のテトラサイクリン変色歯、加齢による歯の変色、軽度のフッ素変色歯などに対して、自宅でできるマウスピースを使った漂白を行っています。 以前は、このような変色歯にたいしては、オールセラミックなどの冠をかぶせる治療や、ラミネートベニヤなどのように歯の表面につけ爪のように、セラミックのシェルを貼り付けるやり方が、多くとられていました。 このやり方は、審美的には、きちんと結果を出せるのですが、歯を削ったり、費用が高いなどの問題がありました。 マウスピースを使った漂白法は、さまざまな面で患者様の負担を少なく歯を白くすることができます。 ホームブリーチ法の利点 ①治療時間、通院回数が少ない(最短で3回) ②すべての歯のすべての面が漂白できる ③安全性が高く、知覚過敏などの不快症状が出にくい ④患者様の生活リズムに合わせて行える ⑤透明感、自然な漂白が可能 欠点 ①マウスピースをはめなくてはならない ②できれば、1日2時間マウスピースを装着しなければならない ③漂白中に有色飲食物を避けなければならない ④著しい歯列不正、矯正治療中にはできない ⑤使用薬剤を多少誤飲することがある などとされています。 費用 検査代(診査、問診、判断料を含む) 6,000円 リテーナー(上下、1組分) 10,000円 (リテーナーは、大きく口腔内の状態が変わらなければ、何度も使えます。また、片顎しか歯がない方は、5,000円になります。) お薬代 8,000円(2週間分) PMTC代 2,500-7,500円 となっており、 上下の歯のホームブリーチ法では、総額で26,500-31,500円となります。 2週間以降、さらに歯を白くしたいときは、薬剤のみ追加購入していただけます。 リテーナーは、ホワイトニングのとき以外にも、虫歯予防のホームケアなどに使えます。

Copyright © Harada Dental Clinic All Rights Reserved.